包装機の総合プランナー『株式会社ダイケン』では、包装技術を通じて「包む」ことの大切さをお伝えすると共に、豊かな創造性で縦ピロー包装機の可能性を追求します。

トップページ > 製品案内 > 自動計量包装システム

製品案内

■自動計量包装システム

ダイケン自動包装計量システム

 株式会社ダイケンの自動計量包装システムなら、キャベツの千切りをはじめ、もやし・カット野菜など、人手無くしては困難だった計量包装が簡単に出来ます。

自動包装計量システム前面・背面
  • 特徴
  • 洗浄時は、供給コンベアーが移動できるので掃除が容易です。また、洗浄後はタンクに殺菌水を入れ、ピンコンベアーを回転させながら、タンクの中をバブリングできるのでとても衛生的です。
    包装機は日付を確認するためのカメラも装着しており、印字ミスが出ると2袋連包になって排出します。
    また、横シール面にワークのカミ込みを防ぐための脱気装置も工夫してあります。

  • コンベアーに付着したワークをエアーで吹き落とします。

  • 2連式計量部、計量ホッパーはワンタッチで脱着できます。

  • ピンコンベアーでワークを供給する為のならし装置。

  • ピンコンベアーを殺菌するためのタンク。

  • 排出コンベアー。

  • バキューム式フィルム送り。

  • 仕様例
  •   包装能力 計量能力 平均精度
    もやし 1袋200gの場合 毎分50袋/分 50回 約+7g
    千切りキャベツ 1袋150gの場合 毎分50袋/分 35 〜 40回 約+4 〜 8g
    レタス 1袋200gの場合 毎分50袋/分 35 〜 45回 約+4 〜 9g
【製品に関するお問い合わせ・ご注文】弊社専門スタッフがお客様のご要望に誠意をもってお応えします。 お問い合わせフォームはこちら【お電話でのお問合わせ】048-526-9995、【受付時間】8:30〜17:00(土曜日・日曜日・祝日・年末年始ほか、弊社休業日を除く。)
PageTopへ戻る